日と月の詩  タロットの言霊

占いサロン≪月の雫≫所属  北海道旭川近郊でタロット占いをしています。 出張もしますのでお気軽に。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

うまくはいえないけれど・・・




ちょっとお久しぶりになってしまいましたね


書くことがない!
とか
サボってる!
というわけではないんです


書きたいことはたくさんあるんですが
うまく言葉になって出てこない・・・σ(・´ω・`*)



ある種の生みの苦しみです




なんて言うんでしょう・・・


感情をうまく言葉に変換できないんですね



まぁ
そんなときもあるかな?
って感じで
言葉になるのを待っていたんですが


やっぱりならないσ(^◇^;)




ということで
無理はしないことにしました(^^;)




言葉って
とても大切じゃないですか



その使い方1つで
意味が変わってきたり
ニュアンス1つで
受け取られ方に大きな違いがでてしまったり



最近はそういったことを考えさせられる
そういうことが多かったんですよね





いま日月にいえることは1つ




悪意のない人ほどたちが悪い



悪意がないと言うことは
悪気がないわけで
その言葉によって相手が怒ったとしても
自分のせいだとは気づけない・・・


自分のせいだとは思わないから
気をつけるということもない・・・



「相手の受け取り方が悪い」
としか思わないんですよ



「もう良いんです」
「どう受け取られてもかまいません」
「私の気持ちが伝わらないのなら仕方ないです」
というようなことになってしまって
相手の受け取り方が悪い
自分は何も悪くない
という考え方をするんですよね



原因を相手にしてしまうんです


自分に悪いところがないのかなんてことは
一切考えていないんですよ



自分の言い方はどうだったのか
ニュアンスは?
アクセントは?
言い回しは?
というようには考えていない



これは
あくまでも悪気のない人の話ですよ
悪意のある人は
言い方にも意図があって
相手を不快にさせるような言い方をしますが
悪意のない人は
何気なく言う言葉が相手を不快にさせるんです



何気なく言っていることだから
自分に非がなかったかなんて
考えないんでしょうね




こういう方が
人間関係で悩んでいて相談に来られて
リーディングした結果を伝えても
自分自身が気づかないので
結局は解決しないことが多いんですよね



最終的には
自分で気づくしかないんですよ



アドバイスの言葉も
表面をかすめるだけで
あまり深く聞いてはくれないんですよね



なぜって
人間関係が悪いのも
相手が悪いからだと思って
信じて疑わないからです


こういうとき
日月は
アドバイスと言葉の虚しさを感じてしまうんですよね



自分が使っている言葉に
問題がないかどうか
考えてみるのも良いかもしれませんね・・・


スポンサーサイト
別窓 | 思うこと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 日と月の詩  タロットの言霊 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。