日と月の詩  タロットの言霊

占いサロン≪月の雫≫所属  北海道旭川近郊でタロット占いをしています。 出張もしますのでお気軽に。。。

もっと簡単にね




このブログを見に来られる方って
どんな方たちなのでしょう?

単純に占い師を探している方なのかしら?
それとも同じくタロットを扱っている方がいらしているのかしら?


なんてことを
ふと思った日月です



今日
ある方のスカイプリーディングをしていまして
その方もタロットを独学で勉強している方だったのですが
いろいろとお話を聞いていて
独学でタロットを勉強されている方が
何で・どんなことで悩むのかがちょっと見えてきました


日月を含め
多くの占い師の方が
自分を占うのは苦手だと思うのですが
その方もご自分のことだと
うまく読めないということでのご依頼でした


ご依頼のリーディング自体を終えてからの
雑談での話だったのですが
独学で勉強している人の
多くに当てはまるのではないかと思ったので
せっかくですからこちらでもお話しさせてもらいますね


自分でタロットの本などをもとに勉強していると
本によって書いてあることが違う
ということで悩んだことありませんか?


カードの意味ではなくて
たとえば
シャッフル一つとっても
本によってシャッフルのやり方がバラバラ

展開するときに
カードを上部から引くとか
7枚目から引くとか
本によって全然違う


なんてことで苦労したりしませんか?


今日
お話ししているときにそんな話が出まして
日月なりの解釈をお話しさせていただいたんですが


日月の考えとしては
シャッフルも展開の時にカードを引く決め事も
自分なりのルールでいいんだということ


たとえば
シャッフルの時は先にこうして
その後にこうカットする
カードは一番上から引く
などというように
自分なりのルールを決めて
そのルールに従えばいいんだということ


本によって書いてあることが違うのなら
自分の気に入ったやり方をルールとして決めてしまえばいいんですよ


日月はひねくれものだったからか
書いてあることが本によって違う時点で
勝手にマイルールを作っちゃいました(笑)


シャッフルって
混ぜ合わせるという意味なのだから
よく混ざればそれでいいんです


シャッフルの時に質問事項が
きちんと頭の中においてさえあれば
それだけでいいのだから
後は自分の好きなようにシャッフルすればいいと思います



正位置・逆位置を採用するかどうか
ということで悩んでいる方も多いかと思いますが
これも自分がどちらを採用するか
好み(と言ったら語弊があるかな?)だと思います

自分は採用すると決めたなら
そのスタンスでいけばいいんです


シャッフルも
カットも
引き方も
正位置・逆位置も
はっきりとこのようにしないといけない
なんていう決まりはないんです


決まりがないからこそ
本によって書いてあることが違うだけなんです


本を片手に勉強されている方で
こういったことに悩んでいる
どうすればいいの?
という疑問をお持ちの方は
コメントなどで聞いていただければ
日月がわかる範囲でお答えします


タロットは
柔軟に考えていいんです
難しく考えることはないんです


どうやったらいいのかわからずに
1人で悩んでいると
タロットがとても難しいものに思えてしまって
タロットを純粋に楽しめなくなってしまいます


タロットをもっと楽しんでください
楽しく学んでください


その為のお手伝いを
日月のできる範囲でさせていただきますね


基本から
という場合には
タロット講座を開いていますので
そちらに申し込んでいただくことになってしまいますが
ワンポイントアドバイス的なものでしたら
講座受講に関係なくさせていただきます(*´∇`*)


スポンサーサイト
別窓 | タロットについて | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 日と月の詩  タロットの言霊 |